在宅訪問診療

〜最期の時を自宅で過ごしたい方へ〜

【訪問診療の対象となる方の例】
・終末期などで家庭での療養を希望する方
・老化や認知症でからだが不自由な方
・慢性の呼吸器疾患で在宅療養が必要な方
・寝たきり等で、通院できない方 ・・・など

訪問診療とは、通院が困難な方や介護が必要な方、退院後のケアが必要な方に対して、ご自宅まで医師と看護師が定期的にお伺いするものです。

当診療所の訪問診療でできること

  • ・医師による定期的な診察
  • ・各種検査(血液検査・尿検査など)
  • ・血圧、体温、経皮的酸素飽和度測定等の基本的バイタルサインの測定
  • ・薬の処方
  • ・入院が必要と判断した時には連携病院などへ紹介
  • ・傷、床ずれなどの処置
  • ・在宅で処置・管理可能な注射や点滴治療
  • ・ターミナルケア(看取り)

訪問診療は、突発的な往診とは異なり、療養の計画を立てて行います。訪問診療の対象者は「ひとりでの通院が困難な方」となっていますが、医師が必要と判断した方に限ります。
通院が困難になっても、可能な医療は出来るだけ在宅のままで行うことを前提としています。 また病状によっては治療が望めない状況であっても、患者様が少しでも快適な治療生活が送れるように、在宅酸素療法を導入するなど自宅での療養のサポートを行います。
自宅で療養するにあたり、たくさんの不安が出てくると思います。これから予想されるであろう経過や、家族としてどういうケアをすればいいのかなど、医師・看護師からアドバイスをさせていただきます。最期をご自宅で迎えたいとご希望される場合にも、かかりつけ診療所としてできる限り医療支援をさせていただきます。

ご契約のながれ

  1. 利用できるかどうかを相談する

    訪問診療を希望される方は、まずは担当のケアマネージャーなどにご相談ください。その後、訪問診療を行う対象となるかどうかの相談を行います。患者さまご本人の移動にかかる負担を考慮し、この時点ではまずご家族、ケアマネージャーなど、ご本人以外の関係者にて当診療所にて面談を行います。スムーズに面談を進めるために、事前にご連絡をいただきますようご協力お願いいたします。なおその際には、紹介状、血液検査などの検査結果、現在服用されているお薬がわかるもの(お薬手帳や薬の説明書)、その他病状や普段の様子がわかる書類(入院時の看護サマリ、デイサービスの連絡帳、訪問看護記録など)があればお持ちください。

  2. 事前の面談、診察と検査

    ご本人をお連れいただき、採血やレントゲン、心電図などの検査と、医師による診察を当院にて行います。医師との相談の結果、訪問診療を行うことが決定しましたら、ご都合が良い日など訪問の日程を確認し、初回の訪問日を決定します。

  3. 利用契約*

    契約に関する事務的な手続きとしましては、契約書のご説明、必要事項のご記入と捺印がございます(契約書は後日郵送でも可)。訪問診療利用契約時に必要なものは、医療保険証、負担割合証、介護保険証、かかりつけ医などからの紹介状などがあればその書類、印鑑です。他にも必要となる書類をご用意いただく場合があります。

  4. 訪問診療開始

    定期的な医師の訪問を行います。医療費などのお支払いは、ひと月まとめての請求となります。当院窓口にてお支払いただくか、銀行口座にお振込みいただくようになります。


*訪問診療と居宅療養管理指導の利用契約を行っていただきます。


訪問可能な範囲について

訪問診療が行える範囲は、原則的に診療所より半径16kmまでと規定されています。午前の診療の後から、午後診察の間、行ける範囲で訪問を行なっています。例)姫路市花田町、飾東町、四郷町、御国野町など

訪問日について

症状等を考慮し患者様、ご家族の方とご相談の上決定します。(月2〜4回程度)
※外来診療や他の訪問診療との兼ね合いがありますので、必ずしもご希望の日時に伺えるとは限りません。
※急な発熱や痛みなど急を要する症状の変化につきましては、適宜往診や電話での指示にて対応いたします。

費用について

在宅で療養するための管理料である「在宅時医学総合管理料」を月に1度いただきます。医師の訪問診療1回ごとに「在宅患者訪問診療料」をいただきます。お住まいの住宅や病状などにより、患者さまそれぞれで料金が異なります。要介護2以上の方など一定の条件を満たしている方は、特に支援が必要な患者さまとして「包括的支援加算」(1割負担の場合:150円)が月に1回加算されます。

訪問回数と病状の費用例
(1割負担の場合)
月2回 月4回
要介護3の患者さま 約6,500円 約8,000円
末期ガンの患者さま 約7,000円 約9,000円

*上記の金額にはお薬代、各種検査代は含まれていません。
*酸素療法や、インスリンなどの自己注射等の医学的管理を行っている場合、それぞれの管理料が別途必要です。
*患者さまの病状により金額は多少前後します。
*介護保険の居宅療養管理指導料は含まれていません。