おしらせ

20200303 3月の土曜日の午後診察のお知らせ


・3月28日(土)13:00〜16:00 担当医師:北野裕韻



20200303 順番まで車でお待ちいただけます!


待合室で診察までの順番を待つのを避けたい方は、受付までお申し出ください。
まずは受付で番号をお取りになってから、電話番号を伺います。番号札をお持ちのまま車にてお待ちください。順番が近づいたらお電話にてお知らせいたします。



20200303 新型コロナウイルス感染症の状況と考え方(厚労省HPより)


社会的に大きな影響を及ぼしている、新型コロナウイルス感染症ですが、厚生労働省などの公的な場所からの情報を確認し、正しく情報収集をすることが、冷静に対応できる第一歩となります。以下には厚労省のHPから引用した、新型コロナウイルス感染症の状況と考え方というタイトルの記事を載せていますので、参考にしていただければと思います。


状況と考え方

新型コロナウイルス感染症については、これまで水際での対策を講じてきていますが、ここに来て国内の複数地域で、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模の患者クラスター(集団)が把握されている状態になっています。しかし、現時点では、まだ大規模な感染拡大が認められている地域があるわけではありません。
 
感染の流行を早期に終息させるためには、クラスター(集団)が次のクラスター(集団)を生み出すことを防止することが極めて重要であり、徹底した対策を講じていく必要があります。また、こうした感染拡大防止策により、患者の増加のスピードを可能な限り抑制することは、今後の国内での流行を抑える上で、重要な意味を持ちます。さらに、この時期は、今後、国内で患者数が大幅に増えた時に備え、重症者対策を中心とした医療提供体制などの必要な体制を整える準備期間にも当たります。
 
このような新型コロナウイルスをめぐる現在の状況を的確に把握し、国や地方自治体、医療関係者、事業者、そして国民の皆さまと一丸となって、新型コロナウイルス感染症対策を更に進めていく必要があります。
 
まさに今が、今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期です。国民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえ、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けていただくようお願いします。また、手洗い、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)などを徹底し、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。

引用元:厚生労働省HP 新型コロナウイルス感染症について

過去のおしらせ

▼ 過去のおしらせ

PROFILE